2010/05/17

トウカエデの芽摘み

先月の話。初めてトウカエデの「芽摘み」というのをやってみました。去年の「軸切り挿し芽」に続き、盆栽っぽいこと第2弾です。

芽摘みは、とかく上方向に伸びたがる木を

トウカエデ

先端の芽を摘むことによって枝が太くなるのを防いだり、下のほうの葉が成長しやすくなったりするそうです。(盆栽の本より)

トウカエデ

これは盆栽に限らず、ですかねー。

さて、4月時点で小さいほうの鉢はこんな感じ。(3月頃のようすはこちら

トウカエデ

まあ、これを盆栽というかどうかは別にして、この先端に伸びだしてきた芽を

トウカエデ

指でちょいとつまんで取るわけです。

トウカエデ

ああ、こんな小さい芽を取って大丈夫かな……という小ささ。

トウカエデ

しかし、ちゃんと育つものです。これが現在のようす。

トウカエデ

ちゃんと下のほうの葉も育ってます。

こちらは大きいほうの鉢。

トウカエデ

トウカエデは初心者向きともいいますが、それでもなんかうれしいですねぇ。最近は土の乾燥が異様に早くなってきたので、苔をはったり遮光したり、水切れ対策を考え中です。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆