2009/06/30

旅行

今日から旅行へ行ってきます。予定は主に

ヨーロッパ

20日間くらいの旅です。しばらくは旅行記になりますが、ぜひお付き合いくださいませ。各地の花関係の情報などもチェックしたので、時々園芸記事も登場する予定です。

始めの3日分くらいは、書きためていたのを時間になると更新するようにしてあるんですが、ちゃんとできるかどうか……。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/29

ボタンクサギの開花

じりじりと咲き始めていたボタンクサギも

ボタンクサギ

ついに満開になりました。

ボタンクサギ

初めて見たときはアジサイの一種かと思っていましたが、よく見ると花のつき方が全然違うみたいです。

こんなかわいい花を咲かせますが、けっこう生育が旺盛なボタンクサギ。庭におろすかどうか迷うところです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/28

西洋アジサイ サブリナ

今が満開の西洋アジサイ『サブリナ』。

サブリナ

前回写真を撮ったときは

サブリナ

こんな風に白地に赤の縁取りでしたが、今は色がしみたように全体に淡い色になりました。並べてみると、違う花みたいです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/26

佐藤錦

さくらんぼの季節ですねー。

子供時代はもっぱらアメリカンチェリー派だったのですが、山形県民と結婚してからは佐藤錦を送っていただけるようになりました。

佐藤錦

毎年この時期の携帯の画面は佐藤錦です。

佐藤錦

大好きです。佐藤錦。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/25

ワイルドストロベリー

葉の形がかわいいので植えてあるワイルドストロベリー。葉の影に何かちらちら見えると思ったら

ワイルドストロベリー

実がなってました。

うれしくて写真を撮ったものの、ちょっと暗い感じに。で、今日改めて撮ろうとしたら

ワイルドストロベリー

あっという間に何者かに食べられてました。見るからにおいしそうだったのに、残念……。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/24

トウカエデその後

4月半ばに軸切り挿し芽をしたトウカエデ。(以前の記事はこちら

一ヶ月ほどは枯れもせず、(上方向に)育ちもせず、やきもきした毎日を送っていましたが、

090624a

5月も終わりになった頃やっと葉がでてきました。

090624a

中には最後まで根を出さず、しかし枯れもせず、葉っぱだけでねばった苗もありました。(結局がまんできず抜いてみて判明)

090624b

そして現在。

090624b

2つ並べてあるのは、軸切り挿し芽をした方としてない方の比較のため。

090624c

すでにあまり違いがありません。

かろうじて根元のほうを見ると判別できる程度。これが将来樹形に影響してくるかと思うと、ほんの一瞬ですが盆栽のおもしろさを垣間見た気がします。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/22

ボタンクサギのつぼみ

以前冬に登場したボタンクサギ。(前回の記事はこちら)他の植物にはあまりないブルーグレーのような葉色で、日陰でも明るく見えます。

そして、いよいよ花が咲く季節。

ボタンクサギ

つぼみのうちは紫ですが、咲くときれいなピンクになります。

今回接写を試みましたが

ボタンクサギ

相変わらずの虫に好かれよう。 

ボタンクサギ

つぼみ付近にアリがわんさかいます……。ふだんはむしろ嫌いじゃない方の虫でも、大量に集まっているのをマクロで見ると震えます。

ボタンクサギのほうも、もうちょっと『臭木』としてがんばってほしいものです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/20

ギボウシの花

バラやクレマチスがひととおり咲き終わって、やや花が少なくなる時期がきました。葉ばかりのこの時期もなかなかいいものです。

でも、よーく見るとギボウシからぐいっとつぼみがあがってきていました。

ギボウシ

『ギボウシ』とだけ書いてあった苗で、いまだに品種が特定できません。葉が10センチくらいの小さいギボウシ。

後ろに写っているのは寒河江です。

ギボウシ

そしてこちらも名無し。色も大きさもアマドコロみたいな葉っぱです。どちらも小さいわりには大きい花を咲かせます。

ギボウシに花はそんなに期待していなかったのですが、花の少ない時期に転々と咲く様子はけっこうお気に入りです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/19

わが庭に幸いあれ

今日は園芸本のご紹介です。ヒース・ロビンソン画、K.R.G.ブラウン文の『わが庭に幸いあれ』という本。

園芸本といっても、写真がたくさん載っていたり、育て方が詳しく書いてあるわけでもなく、園芸に便利な(または便利ではない)道具がたくさん、魅力的に載っている本です。

例えば

090619a

090619b

090619c

とか、

090619d

090619e

……とか。

こんな無駄なような便利なような道具が、とても魅力的なイラストで描かれています。

このヒース・ロビンソンという人は、20世紀初頭のイギリスで風刺漫画や本の挿絵で大活躍した人だそうです。緻密な機械を描くのが得意で、ここにでてくる道具たちも実際に作れそうなおもしろさがあります。

園芸初心者でも大変おもしろい本ですが、訳者あとがきにあるように、経験を積んだ園芸家の方のほうがよりうなってしまう本かもしれません。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/17

シクラメンの夏越し

冬にずっと花を咲かせていたガーデンシクラメン。いつの間にか花も咲かなくなって、葉ばかりになっていました。

ガーデンシクラメン

確かシクラメンは夏に弱いんじゃなかったかな、と調べてみると、やはり夏の高温多湿に弱い模様。夏越しには二つの方法があるようです。

まず

ガーデンシクラメン

水を与えて葉を残す方法。殺菌剤などを散布しつつ、涼しい場所での夏越しです。

そしてもうひとつは

ガーデンシクラメン

葉を枯らして、球根で夏越しをする方法。9月から10月頃になったら水を与えて、生育再開。ただ、少し上記の方法より花が遅れるそうです。

うちではとにかく夏越しが苦手なので、水を切る方法にしてみました。

ガーデンシクラメン

葉っぱだけでもけっこうかわいいんですが、少しの間見納めです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/15

エトワールバイオレット

今年初めて咲いて写真を撮っておいたのに、のっけるのを忘れていたクレマチス、エトワールバイオレット。

エトワールバイオレット

写真では大きい花だと思っていましたが、思ったよりもずっと小さくて上品な花でした。だいたい5センチくらいの大きさです。

一年目は咲かなくて心配したものの、多花性というだけあって今年は本当にたくさん咲きました。もうすでに切り戻したので、二番花が楽しみです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆

2009/06/14

テントウムシが

虫の中でも、唯一躊躇なく素手で触れるのが

090614a 090614b

090614c

090614d

他の蛾的な虫だと大騒ぎですが、テントウムシなら落ち着いて対処することができます。

が、後日

090614e

090614g

090614h

090614i

090614j

090614f

どこかで繁殖してるんでしょうか。いくらテントウムシがかわいくても、家の中で大繁殖は遠慮したいものです。

にほんブログ村
ポチッと応援よろしくお願いします☆